すぐに手元にお金が届くキャッシング

キャッシングの大きなメリットの一つは審査をパスした後、お金がすぐに手元に届くということです。たいていの場合キャッシングでお金を借りると、受け渡しをATMを通して行うことが出来ます。つまり金融機関から借りたい額のお金を最寄のATMで受け取ることが出来、返済するときもATMを使って返済できるのです。

これは非常に便利なシステムです。たいていの金融機関は審査を24時間行っており、深夜であってもお金が必要になったときにインターネットを使って審査を受けることができます。

そして審査にパスすることが出来たら、24時間オープンしているコンビニエンスストアなどに設置されているATMを指定し、そこでお金を受け取れるように金融機関にお願いすれば、たとえ深夜であってもすぐにお金を手元に持つことが出来るのです。

思わぬときにお金が必要になることがありますが、そのようなケースでキャッシングによってお金を借りることが出来るというのは本当に助かります。

出典元 借金返済方法がわからない時に相談するならどこ?

キャッシングに対するイメージを変えませんか

036

いまだにキャッシングに対してあまり良いイメージを持っていないという人が結構いるみたいなんですけど、それはただ単に食わず嫌いをしているだけなんじゃないかと思っているんです。
借金イコール悪みたいな固定概念に縛られちゃっている人が、まだ想像以上にいるみたいなんですよね。

でも実際にキャッシングを利用してみたら、そのような間違ったイメージなどはすっかり変わってしまうんじゃないかと思いますよ。

私は以前急にお金が必要になって友人からもお金を借りることが出来なかったなんてことがあったんですが、キャッシングでしたらパソコンやスマホなどで簡単に申し込むことが出来ましたし、何と言っても審査にかかる時間が本当に短かったですので、その日の内にお金を借りることができて事なきを得た経験があるんです。

借りたのはプロミスが好きなのでプロミスで借りることにしました。

家賃が払えない時に20万くらい借入れしたい時の即日カードローンは

キャッシングというと金利を考えないといけないんですが、その時は初めて利用したので30日の間金利がゼロというサービスが利用できて助かりました。
上手く使えばキャッシングはとても便利なんですよ。

金利は上限金利に注目です。

ちょっとしたお金のピンチを乗り越える時にキャッシングは本当に便利です。
すぐに返済すれば利息もあまりかかりませんし、利用の時の申し込みなどもインターネットから申し込みが出来て簡単です。

ただ、借り入れ先によって利息なども少しずつ違ってきます。
利息に影響するのは何と言っても金利です。

この金利には上限金利と下限金利があり、その幅はかなり広くなっています。
金利のどの辺りが適用されるかは借入額などによって違ってきます。

単純にはたくさん借りるほど金利は低くなり、借り入れが少額ならば金利は高くなるのです。
ほとんどの方が借り入れするであろう数万円程度であれば、適用されるのは上限金利です。

各社の金利の差はそれ程大きくありませんので、一回あたりの返済では大きな差にはなりません。
ですが、借り入れを繰り返す間にその差額は積もっていきます。

振り返って考えた時には、大きな差になっているかも知れません。
借り入れ先を決める前に一度、金利にも注目してみてください。

節約する反面趣味にはお金を使ってしまう

私は普段はなるべく節約をしようと心がけているのですが、私や家族にとっての趣味や楽しみに関してはあまりお金の節約は考えていません。
せっかくの人生なのでそういった楽しいことにはお金を惜しむのはもったいないと思うからです。

そのため光熱費や食費などは毎日節約を心がけていますが、その浮いたお金を貯金にまわすというよりは、家族の楽しみに使ってしまうことが多いため、結局なかなか貯金ができません。
例えば家族で旅行に行ったりという大きなイベントごと以外にも、普段のちょっとした楽しみ、趣味である読書のための書籍類などにもけっこうな額のお金を使っています。

また主人の趣味の釣り道具や、子どもたちの趣味であるパソコン関連のものにもお金が消えていきます。
こういったお金を散財せずに貯金にまわすことができればいいのですが、やはりせめて趣味に使うお金くらいは惜しみたくないという思いもあるので、今のところは仕方がないと思っています。

年に一度の贅沢で貯金のモチベーションを上げています。

お金は生きていく上でとても大事なもので殆どの人は貯金をしていると思います。
私もできるだけ節約して貯金していますし欲しいものがあってもとことん考え抜いて買う買わないを決めたり、たとえ買うにしてももっと安い所はないかと探し回ったりするほどです。

貯金についても色々と工夫をしていますがそればかりでは結局お金に振り回されているばかりだとある時気づきました。
そこで私は貯金とは別枠である一定のお金を何の目的も無に溜めておいて、年に一度だけそのお金をパッと使うことにしています。

その金額は5万円から10万円くらいの間で、今までに使った用途も様々であるときは旅行に行ったりあるときはちょっと贅沢な電化製品やパソコンを買ったりしました。
ただひたすらに貯金をするということは貯まる喜びもありますが結構ストレスのかかることです。

このように一種のガス抜きみたいなことをすることで、更に貯金へのモチベーションが湧いてくるのを感じました。

生活スタイルの見直しで節約ができる

ダイエットや健康維持のためにフィットネスクラブに入会して体を動かすことって前向きでとても良いことだと思います。
しかし、私も1度入会したことがあるのですが、いつでも行ける安心感に浸ってしまい、結局は毎月の会費だけを払って1度も行かない月が出たり、金銭的にもったいない思いをしました。

よく考えたら、別にお金を払わなくても、運動はいつでもどこでも自由に出来るはずなのですよね。
なので私はフィットネスクラブを退会し、フィットネスクラブまで歩いて行き、入り口まで来たらUターンして自宅へ帰るというウォーキングに切り替えました。

あとの筋トレは家にあった鉄アレイで十分できます。
これで年間10万円ほどの節約になりました。

普段の生活の中でバス移動を自転車に変えるだけでも、健康を維持しながら節約ができます。
バス通勤は待ち時間があったり遠回りのルートだったりして時間がかかっていたのですが、自転車を利用することによって時間の節約にもなりました。

生活スタイルを少し変えるだけで、金額的にも時間的にも節約って可能なのですね。

キャッシングでお金を期日に返せなかったら

知り合いがキャッシングでお金を借りていたんですが、どうしても返済の期日までにお金を都合できない事態に陥ってしまいました。
困った困ったととても悩んでいました。

真面目な人だったので思いつめたらどうしようと思っていましたが、正直にキャッシングのお問い合わせに申し出たそうです。
すると、返済できない理由や具体的にいつごろまでに返済できるのかなどを聞かれ、折り返し連絡待ちになったそうです。

しばらくして返信があり、内容まではわかりませんが助かったと言っていました。
ただどこのキャッシング会社もこういう柔軟な対応をしてくれるかはわからないそうです。

その人の借りている状況や収入、返済の履歴などを調べて判断するようです。
もし返済日をすぎても相談しなかったら、場合によってはブラックリストに載ってしまうという話を聞いたことがあります。

ブラックリストに載ってしまうと、次回のキャッシングがむずかしくなるので気を付ける必要があります。

ネット専業銀行を使いまくる

私にとってネット専業銀行は今ではなくてはならないものになっています。

特に振込手数料が安いことと、現金を入出金することの手数料も安いことが少なくない金額を節約できています。そして、金額には影響することはあまりありませんが、コンビニエンスストアーなどのATMを利用すれば、銀行の支店などで並ぶような手間が全くかからないということも時間の節約という面では非常に重宝しています。

そして、ネット専業銀行のメリットはサービスの真価のスピードが素早いということも挙げられます。こんな風になったらより使いやすく便利になるというように考えていたサービスが比較的短期間に導入されることもネット専業銀行ならではといえるのではないでしょうか。

私の個人的な利用で言うと、10年ほど前はまったく利用しなかったネット専業銀行でありますが、今では銀行の取引の80%くらいのお金のやり取りがネット専業銀行になってしまっているのも自然の流れでしょうか。

審査に関わってくる属性について

属性という言葉をご存じでしょうか。

属性は、借入希望者が信用できるかどうかを図るモノサシのようなものです。

消費者金融や銀行系などのカードローンの審査を受ける際、

職業や年収、現在住んでいる家、固定電話の有無などを確認されますが、

これらの組み合わせによって属性は決定されます。

たとえば借家に住んでいて、固定電話も無い独身の自営業者の属性は最低ランクです。

銀行系カードローンはもちろん、消費者金融系でも落ちる可能性が高くなります。

一方で持ち家に住んでいて、勤続年数が長く世帯持ちの公務員は最高に近い属性を持っています。

ほとんどどのような審査も通ると言って過言ではありません。

属性といえば年収が最も重視されるのではという誤解がありますが、

実は貸金業界において年収は重要視されるものではありません。

なぜなら年収は自己申告任せなので、簡単に嘘が通ってしまうからです。

中には収入を証明する書類を偽造する人もいるくらいです。

借り入れの際の目安になるので、

自分の属性をある程度認識しておくことは大切です。